当ブログのご訪問は初めてですか? わたくしが書いてます。

こどもと妊婦の妻がインフルエンザ予防接種を受けたけど感染|胎児への影響は

息子と妊娠中の妻、インフルエンザ予防接種を受けたけど罹患|タミフル治療薬で回復家事
スポンサーリンク

衝撃に備えよ!

インフルエンザ大流行のニュースを最近よく見ます。もはや大流行と言うより、冬の定番とさえ思えます。

 

妊娠中の妻の体調や胎児への影響が心配です。予防接種やくすりの飲用、回復までの期間など。

子どもの保育園や小さい子に多いインフルエンザ脳炎のこと。

看護する親としては仕事をどのくらい休めばよいのかなど気になります。

 

先日、妻と息子がインフルエンザにかかったので注意点や状況をまとめてみました。

 

まず、近年(2016-2017,2017-2018)の特徴として、発症してから熱が下がるまでの時間は、

解熱時間平均はタミフル治療で、A型は28.7時間、B型は39.1時間です。注意:今シーズン(2018-2019)に合致するか不明

日本臨床内科医会

 

タミフルを飲んだあと、A型は1日チョイ、B型は2日くらいで熱は下がります。

 

また潜伏期間は、息子の場合、月曜日に発症したので、(金曜までに)保育園で菌をもらったのでしょうか、と病院の先生に質問したところ、そんなに潜伏しないよ、土日で感染した可能性が高いと言われました。

と、言うことは

 

今期のインフルエンザは感染から発症まで1~2日が潜伏期間のようです。

 

しかし、この流行には乗りたくないですね。

 

最初のまとめの項目で全て書いてありますが、ぜひ最後まで読んで下さい。気になる所へは目次からどうぞ。

老兵

スポンサーリンク

まとめ

インフルエンザ解熱時間の目安

予防接種をうけ、日ごろから手洗い・うがい、栄養バランスを考えた食事を心がけるなど、健康管理や対策をしていても罹(かか)るときは、かかります。(定番)

 

    1. 妊娠確認、そうだ!予防接種を受けよう。(注:これは妻訓です。医者ではないので)
    2. インフルエンザに罹っても胎児への影響はない
    3. インフルエンザの潜伏期間は1~2日
    4. 解熱時間の目安はタミフル治療薬でA型は1日プラス5時間、B型は2日間
    5. 具合が悪くなったら、病院へ行きましょう。インフルエンザはある程度時間がたたないと検査で陽性が出ないから、「我慢して待つ」なんて考えないで、さっさと受診しましょう。
    6. 子どもは、保育園や学校へは出席禁止です。登園、登校できるのは発症した日を1日目とすると7日目から、かつ解熱した3日後(幼児は4日後)からです。一週間休む心つもりでいましょう。夫婦共働きだと、どちらかが職場を休むことになりますよね。(自分がかかる可能性も十分にある)また、病後児保育へ預けれる開始日は各施設で異なります。利用予定者はあらかじめ確認しておきましょう。
    7. 妊娠中体調、体力が回復するまでプラス数日見ておきましょう、私の妻は解熱後2日ほどがかかった。

 

治療中、治療後の注意事項がありました。例:薬は解熱後もしっかり5日分飲む。異常行動は発症後48時間以内が多いので子供を一人にしない。長引く場合は混合感染(インフル以外に感染する)と二峰性発熱(解熱後に再度発熱)の可能性がある。

✱いま流行している型(タイプ)はA型が2種類あり、どちらにも罹る可能性があると報道されています。

加えて、例年なら2月頃からB型が増える傾向がありますので最悪3回、同シーズン中に罹る可能性があるということです。

インフルエンザ感染者数に一人で貢献?することになりますね💦実人員は測れないでしょうから…

息子は解熱後すぐ元気になったが5日間休む、私も付き添いで休み☕・・。熱が下がっても感染力が無くなったわけではない。

妊娠が分かってからインフルエンザ予防接種を受けたよ

妊娠が分かってインフルエンザの予防接種を受けたよ

長男のときは妊娠後、8週目の時にインフルエンザ予防接種を受けました。

 

2人目の時も妊娠が分かってすぐの5週目で予防接種を受けました。

しかし、残念ながら8週目で係留流産しています。係留流産は、遺伝子の染色体の病気(異常)みたいなもので、成長しませんでした(先生談)。

 

そして今回は、6週目で予防接種を受けました。

はじめに簡易検査で妊娠を確認し、その後、産婦人科の診察で確認、すぐに予防接種をうける的なww (現在、11週目です。)

 

 

長男を妊娠した時に、「妊婦さんでもインフルエンザの予防接種は問題ない。」と教えて頂きました。

 

わが家では(妻は)、流行に乗らないように、また重篤化しないよう期待も込めて、妊娠を確認してから予防接種を受けています。

予防接種した妊婦(妻)がインフルエンザに罹ってしまった。即受診、タミフルで早期回復したよ

息子(3歳)につづき、妻(妊婦)もインフルエンザにかかりました。

 

子供が発症(39.6度)した翌日、妻も少し熱が上がったので(37.6度)、かかりつけの病院で検査したところ、子どもと同じA型インフルエンザでした。

タミフルを処方され、飲用し翌日には平温に戻っています

解熱まではA型の平均時間くらいで、体温計に残っている高熱は39.1度でした。

 

妻に少しでも体力を付けてもらおうと思い、力うどん(餅とキツネ、ワカメ入り)を作り、無理してでも食べてねと勧めたところ、全て吐き出しました。トイレに駆け込む一歩手前、間に合わず床にゲロりん。反省。 んーこれを掃除しても感染しない自分はどうなのか(汗)

 

妻の場合、子どもとくらべ回復に時間がかかりました。

妊娠中のためか、熱が下がっても体調が戻るのにさらに2日かかりました。

 

妊婦さんはインフルエンザだけではなく、病気にかかると重篤化しやすいことが知られています。

インフルエンザになっても、胎児への影響はありません。(産婦人科医談)

 

体調が悪い、いつもと違うと感じたら早期受診初期段階での適切な治療早期回復を心がけましょう。

インフルエンザは第2種学校感染症で出席停止期間の基準が定められているよ

インフルエンザは第2種学校感染症で出席停止期間が定められている

学校保健安全法施行規則第19条(出席停止の期間の基準)の規定で、

 

発症した後5日を経過、かつ解熱した後2日(幼児にあっては3日)は出席停止です。

登校できるのは、発症した日を1日目とすると7日目から(施行規則では発症した日はカウントしないため)出席可能で、解熱が遅ければ7日目以降になるということです。

 

幼児(解熱後3日)は以下のようになります。

※出席停止の日数の数え方について日数の数え方は、その現象が見られた日は算定せず、その翌日を第 1 日とします。
「解熱した後 3 日を経過するまで」の場合、例えば、解熱を確認した日が月曜日であった場合には、その日は日数には数えず、火曜(1 日)、水曜(2 日)、木曜(3 日)の 3 日間を休み、金曜日から登園許可ということになります(図)。

インフルエンザに感染したときの出席停止期間

また、インフルエンザにおいて「発症した後 5 日」の場合の「発症」とは、「発熱」の症状が現れたことを指します。日数を数える際は、発症した日(発熱が始まった日)は含まず、翌日を第 1 日と数えます
インフルエンザに感染したときの出席停止期間1

引用:2012 年改訂版「保育所における感染症対策ガイドライン」

ちなみに、近所の病後児保育対応の保育施設では、この期間は病後児保育でも預けることができませんでした

 

息子が2日目で元気になったので、3日目はまだ様子見のため家で遊ばせていたのですが、すこぶる元気なので4日目の申し込みをしたところ断られました。

 

保育条件は回復期であって登園できる状態だけれども集団生活が難しいこと、インフルエンザは決められた出席停止期間があり、その期間は登園でる状態ではないとの理由でした。

 

しかし、他の市町村を調べると発症後3日いこう、かつ解熱後であれば大丈夫なところもあるようですので、回復期の定義を利用予定の施設に確認してみて下さい。

家族はインフルに罹ったのに、予防接種を受けていないワタシはなぜか元気!

妻と息子はインフルエンザ予防接種をうけていますが、ワタシ受けてない・・私、元気!(○○は風邪ひかない・・は本当か。)

対策といったら手洗い・うがいぐらいで、花粉症対策の抗アレルギー薬を飲んでいますが関係ないでしょうね。

 

この世からインフルエンザが無くなることを願い、罹患している方の早い回復と、皆さんが健やかに暮らせることを祈り、筆を置きます。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク